仏式で密葬後お別れ会を行う無宗教葬の進行例

仏式で密葬後お別れ会を行う無宗教葬の進行例

仏式で密葬を行ったのちにお別れ会を行う無宗教葬の場合をお話しします。「菩提寺には納骨してもらいたいが大げさな葬儀や告別式はしてほしくない」「費用をかけずに先祖代々の墓に入りたい」などの希望から、仏式で進行しながらも関係者や友人にはにぎやかに送ってほしいと願う思いを形にしたスタイルが、密葬ののちにお別れ会を行うスタイルです。

密葬とは、遺族だけでひっそりと営む葬儀を指し、後日、日を改めて、関係者や友人などに広く告知をして、本葬や告別式を送るといった形式のものです。

芸能人や大手の経営者などの著名人の場合にはよく行われる形で、密葬ののち後日、社葬などで社員など多くの人が会葬します。この場合の密葬自体は僧侶を招いて仏式で行うため、菩提寺に納骨することも可能となります。読経も焼香も行う通常の葬儀とたいした差はない内容なのですが、葬儀式と告別式は区別をすることなく一緒に行われます。参列者は遺族のみなので祭壇の飾りも大げさにする必要はありません。火葬までは少人数でしめやかに行われますが、後日行う予定のお別れ会の準備が待っています。故人の希望を基本に、大勢の会葬者を招いて好きだった音楽を流したり、演奏してもらったり、思い出のビデオを編集して用意したりと、お別れ会の企画は自由ですのでにぎやかな会とするもよし、故人を偲んでみんなで涙する会にするもよしプランニングと会場などの準備をします。しかし、借りる会場によっては遺骨の持ち込みはタブーとされる場合もあるので事前によく確認をする必要がありますね。

葬儀のご香典での数字の書き方は、漢数字を用いる事をお勧めします。

【死亡当日】
1.遺体の搬送と安置 
2.納棺 
3.枕飾りの設置 
4.遺族・親族のみで仮通夜 

【2日目】
◎通夜
1.一同着席 
2.僧侶入場・読経・焼香 
3.遺族焼香・参列者焼香 
4.僧侶退場 
5.通夜ぶるまい 
6.喪主あいさつ 

【3日目】
◎葬儀・告別式
1.参列者着席 
2.僧侶入堂 
3.開式の辞 
4.読経・引導  
5.遺族焼香・会葬者焼香 
6.弔辞拝受・弔電披露 
7 .僧侶退堂・閉会の辞

◎最期の対面をしてお別れの儀、出棺

◎火葬
1.僧侶による読経・焼香 
2.遺族の焼香 
3.炉に点火後控え室で接待 
4.収骨

◎還骨法要
火葬場から斎場へ戻り、僧侶による読経・焼香に続き、全員で焼香

◎初七日法要
僧侶による読経・焼香に続き、全員で焼香  

◎精進落とし
1.喪主あいさつ 
2.献杯 
3.会食 
4.お開きのあいさつ

袋の中包みの裏面に金額と住所を書きますが、金額等の数字を書く際はアラビア数字ではなく漢数字で書きます。
現在では普通の漢数字で書く方も多くなっております。
例えば3万円なら、『金三万円』『金参萬円』などと書きます。

 

Calendar