後日行うお別れ会

後日行うお別れ会

通常の葬儀では、葬儀式に引き続き告別式を行い、そののち出棺して火葬、といった流れになりますが、さまざまな理由から遺族だけで密葬を行ったり、火葬式を行って故人の旅立ちを見送った場合には、後日、日を改めて友人や関係者の方々へ告知し集まっていただいてお別れをしていただく会をもつことが多いです。

すでに火葬を済ませているので会場に居るのは遺骨のみとなります。お別れ会は葬儀からあまり時間がたちすぎないうちに行いたいもので、通常は2週間から四十九日法要までの間に行われることが多いです。日程はいつでも設定できるものですが、参加者が参加しやすいよう週末を選んだり、夕方から夜にかけての時間帯を選んだりすると良さそうです。お別れ会は葬儀とも告別式とも違うものなので、こうしなくてはならないという規定や進行のきまりなどは全くありません。

どうすれば故人らしい会になるか、故人の人生や人柄を参加者みんなで偲びお別れのできる会にするにはどうしたらいいかを考えてプランニングをしていくことがポイントですね。お別れ会は必ずしも遺族側が主催するものではないので、遺族に了承してもらえるのであれば友人達で開いても構わないものです。

友人主催の場合には一周忌などに合わせて「しのぶ会」と呼んで開かれたりすることが多く、費用については会費制として呼びかけ、参加者に集まってもらいます。友人たちで企画し、故人の喜ぶような会を開いてくれることは、遺族にとっても救われるものではないでしょうか。

葬儀の連絡ができなかった方々には、すみやかに「死亡通知」を送りましょう。

さて、お別れ会はどんな場所を選んだらよいのでしょうか。遺骨を持ち込むことになる会なので、お店側に了承してもらえるところでなければいけませんね。たいていの場合は、ホテルやレストラン、貸しホールなどが一般的のようですが、人数がそう多くないのであれば、自宅でホームパーティのような和やかな雰囲気の会を行うのも、故人が喜ぶ形式になるかもしれませんね。

最近ではそういったお別れ会をされる人が増えたためか、受け入れてくれるお店も増えてきているようです。「レストラン葬」や「ホテル葬」などと呼ばれ、一般化しつつあるようです。故人のお気に入りだった料理店や喫茶店などで行い、よみがえる思い出をみんなで共有しあうことで故人を偲ぶのもよさそうです。

葬儀とは日を隔して行われるだけに、葬儀などのしめっぽい雰囲気とは違い、楽しいにぎやかな会を自由に考えられるというのは大きな利点ですね。仲のよかった友人達や、兄弟などで故人のために企画をあれこれ考えてあげるというのも立派な供養のひとつだと思います。

お電話や直接お伝えできなかった方にはFAX等で『訃報』『死亡通知』を送ります。
最低限、故人名・喪主名・葬儀を行う場所・日程を明記して送ります。

 

Calendar