住宅ローンが支払えない時は任意売却

住宅ローンが支払えない時は任意売却

よく新興住宅地を散歩しているのですが、人が住んでいないような家や売り出されている家を見かけることがあります。
不況が長く続いていましたから住宅ローンを払えずに家を売却する人も多いらしいですね。
住宅ローンが支払えないと金融会社から督促が来て、それでも対策をとらないと競売にかけられてしまいます。 競売は周囲の人に知られる上に、相場より3割くらい安い値で売られるので家を売ったとしても多額の借金が残されます。 それに比べて借金の額を減らし、ある程度自分の手元にお金を残すことができるのが任意売却です。
任意売却は金融会社と交渉して自分達で住宅を売却する方法で、家を買う人にも近所の家の人にもローンが支払えないということを知られることがありません、 しかも任意売却だと相場で家を売却できるので、借金の額をうんと減らすことができます。しかも金融会社との交渉しだいでは幾らか手元にお金を残すこともできるので、無一文で放りだされる競売とは大違いです。
ただし交渉しだいなので任意売却をする際には交渉になれている専門家に依頼したほうがメリットが大きいと言えます。 督促状が来てローンを支払える目処が立たない時には、なるべく早く任意売却を考えた方が良いといえるでしょう。"


任意売却なら債権者に仲介手数料を払ってもらえる!?

正規社員の仕事を失い、ハローワークに通いなんとか契約社員の仕事を見つけたのですが、そこも半年ともたずに解雇されてしまいました。
住宅ローンは25年以上も残っているし子供の教育費もまだまだかかるし・・・。アルバイトを3つも掛け持ちしてギリギリの生活をしていますが、もう限界かもしれません。妻もパートと子育てとお金の心配で滅入っています。ここまでか・・・と思い自宅を手放し安いアパートに引越しをする決意をしました。
しかし、動こうにも自宅がいい値段で売れない限り動くことができません。普通に不動産者で買主を探してもらうと高額な仲介手数料がとられてしまうので、少しでも経費を減らそうと思い、任意売却という道を選択してみました。この任意売却という方法は、競売ではなく普通に買主を探すことができるので相場価格で売れる可能性が極めて高いのです。任意売却の最大の魅力は契約が成立したときに支払う不動産会社への仲介手数料を債権者が払ってくれるという点です。
任意売却という道を選択するだけで数十万円はかかる仲介手数料がタダになるのは非常に助かります!現在、任意売却の相談窓口でどのように売却していくのか相談しているところです。

Calendar