医療費控除と保険

医療費控除と保険

故人が亡くなった場合、葬儀や法事などの他にも、法定相続人となる方は確定申告が必要となったり、掛けていた保険の請求をしたりなどいろいろと手続き関係もやることがたくさんあります。ここでは、医療費の控除について、また高額医療費や保険の請求方法などについてご説明します。

まず医療費の控除ですが、年間の医療費が10万円または所得の5%以上かかった場合には、医療費の控除を受けることができます。控除は所得税からと相続税からの2通りの方法があります。 故人の医療費と故人の扶養家族の医療費について、死亡日までに支払った分に対しては故人の確定申告から控除されます。一方、故人が死亡後に支払った医療費に対しては、相続税から控除されますので間違わないようにしましょう。

医療費の控除は、通院にかかった交通費も対象となる場合もありますので、必ず領収書はもらっておいて下さい。 知らない方も多いのですが、医療費が高額になった場合には、一定額を超えると超過分が国民健康保険から支給されます。その一定額とは、1ケ月の自己負担医療費が63,600円で、非課税の場合は35,400円です。この額を超えると高額医療費の対象として、超過分は保険から支給されることとなります。ただし、同一の世帯で高額医療費に該当する月が1年間に4回以上あった場合、4回目からは月に30,000円(非課税の場合は21000円)を超えた額が支給されます。

葬儀のご挨拶では、「ご逝去」「ご永眠」、生前なら「お元気なとき」、悲しみなら
「断腸な思い」といったお言葉を使うようにしましょう。

ただし、他の市町村の国民健康保険に加入中の分は回数には含まれません。 もしも、複数の医療機関にかかった場合は、積算して補填基準を超えている場合がありますので注意して手続きをしましょう。

また、保険証を持たずにお医者にかかり、医療費の全額を自己負担した場合、支払ったことの証明となる領収書を持参して手続きをすれば、保険から規定の割合で医療費が支払われますので、手続き漏れのないようにした方がいいでしょう。

なお、手続きに関しては、所轄の国民健康保険課、または勤務先を通して社会保険事務所に尋ねてみて下さい。

葬儀での挨拶には「忌み言葉」を使わない事が大切で、それ以外は時に難しく考え事はありません
気持ちがこもっていれば家族には伝わるものです。一般的な葬儀に使われる言葉を使う事です。

Calendar