無宗教葬

無宗教葬

火葬式でお別れをする無宗教葬の場合についてのお話です。通夜や葬儀・告別式を行わずに火葬場へ向かい、火葬をする際にお別れをすることを“火葬式”と呼びます。直接火葬場へ向かうことから“直葬”とも呼ばれます。

以前は、遺族がいない故人や費用の予算がない場合などにやむをえず行っていた形式だったのですが、自らの希望として、葬儀・告別式は行ってほしくないという人が実に10%近くもいるのです。「儀式めいたことは一切してもらいたくない」とか「葬式に極力お金をかけて欲しくない」「残った遺族にとにかく迷惑をかけたくない」といった理由から、火葬するだけといったスタイルも増えつつあるのです。

故人と対面してお別れをする時間が設けられないので、特に親しかった友人などを招く際には火葬場に招くことになります。火葬場へ直接といっても、法律では死亡後24時間は火葬ができないとされていますので、少なくとも一晩は遺体を安置する場所が必要となります。火葬場の付属の斎場という場所もあるのですが一晩中遺族が付き添うことが禁じられているところが多いようなので、できることなら自宅にスペースがあれば連れて帰り、通夜として故人の思い出を語り合いながら一晩ゆっくりお別れをすると良いでしょう。

葬儀費用の補助金は、故人が国民健康保険加入者の場合、喪主など葬儀を行った人に
「葬祭費」が支給されます。役所へ申請しないと受け取れないのでご注意ください。

遺族が集まれば葬儀社の手を借りて納棺を済ませ、故人の思い出の品や花などを棺に納めます。翌日の火葬式では、お別れの会といった儀式はできないので焼香をしたり献花をして最後の対面をしてお別れとなります。火葬式のみというのはいくら故人の希望があってのこととはいえ、自宅に安置できない限りはゆっくりお別れをする時間がとれないのが現状です。故人の希望が叶えられたとしても遺族の気持ちに整理をつけることが出来ない場合があるかもしれません。遺族にも思いがあることなのでよくよく考えて結論を出すべきですね。

自宅に安置できるのであれば、花を多めに用意するとか、家族のみで読経を唱えるとか、家族葬のように小さくともお別れの会をするくらいは良いのではないでしょうか。故人の遺志を貫くあまり、遺族に後悔が残り、トラウマへと繋がらないことを願いたいものです。

死亡当日
1.遺体の搬送と安置 
2.納棺 
3.遺体とともに過ごす

2日目
◎最期のお別れをして出棺
◎火葬
  1.献花、黙祷、焼香
  2.炉に点火後控え室で接待
  3.収骨  
◎会食
  1.喪主あいさつ
  2.献杯
  3.会食
  4.お開きのあいさつ

葬儀が終わり葬儀代金の支払いの領収証を役所に持参して指定の書式に記載して提出をします。
国民健康保検や社会保険加入者で有れば葬祭費が支給されますので、忘れずに手続きする事です。

Calendar