形見分けと遺品整理

形見分けと遺品整理

故人の遺品について、一般的には四十九日の忌明け後に形見分けをしますが、亡くなって葬儀が一段落しましたら、形見分けのことも考えながら少しずつ遺品の整理をしておきましょう。

高価な美術品などは相続税の対象となりますので、贈る相手の負担も考慮しなければなりません。また、故人の日記や住所録、手帳や手紙などは、年賀欠礼状を出すときなどの資料となりますので、最低でも亡くなってから2年くらいは保存しておきましょう。

【形にとらわれないお葬式】自由葬(無宗教葬)はご存知ですか?

形見分けの時期は、仏式、神式、キリスト教式かによっても異なります。仏式の場合、四十九日目にあたる忌明けの法要を終えてから行うのが一般的ですが、地域や宗派によっては三十五日を忌明けとする場合もあります。神式の場合は、五十日祭か三十日祭に形見分けをします。一方、キリスト教では形見分けという習慣はありませんが、あえて行うとすれば1カ月目の召天記念日を目安に行う方が多いようです。

形見分けの方法は、忌明け法要を行った後、遺品を贈る方たちをご自宅に招いて形見分けをするか、改めて先方へ持参します。贈る品々は、受け取る方の身になって選ぶようにして下さい。義理ではなく、本当に喜んでくれる方に贈らなければ、形見分けの意味がありませんので、ご遺族は、生前の故人との交友のあり方や先方の年齢、好みなどを考えながら、それにふさわしい品を贈るようにして下さい。

形見分けの品としては、一般的なのが衣類や装身具、家具、身辺の小物類などです。故人が使用していたものを贈るのですから、「お使いいただけますでしょうか」という気持ちが大切です。もしも、「○○さんに○○を贈ってくれ」などと遺言がある場合は、その旨を先方にお伝えし打診をした方がいいでしょう。

また、贈る品は慎重に吟味しなければなりませんが、先方から強い希望がないかぎり、ひどく傷んだものや汚れたりしているものは避けて下さい。マナーとして衣類は必ずクリーニングに出しておき、小物類などは、ホコリや汚れなどをきれいにしてからお渡ししましょう。 また、目上の人へは形見分けはしないのが原則です。

本来、形見分けは、親のものを子に、兄姉のものを弟妹や甥・姪、あるいは後輩にというのが基本だからです。ですので、たとえ親族であっても故人より目上にあたる方には控えて下さい。ただし、目上の方であっても強い希望があった場合には形見分けをしても差し支えないでしょう。たとえ身内であっても、若くして亡くなった場合には、子のものを親が、弟妹のものを兄姉が分ける場合もあります。

通常の葬儀では宗教導師が式を進行いたしますが、無宗教は自由葬儀です。
しかしそこが難しい所で、式をどのように進めるかが課題となります。
自由なだけにどうするかの提案は葬儀社が行いますので、色々と検討してみましょう。

Calendar